english2.gif

 


From
Ra:IN
Beijing Pop Festival '07/Sep/12

at Beijing Chaoyang Park 2007/09/09

bejin-pop-fes-top

bejin-pop-fes-poster

In Beijing 9/05~9/10 2007

9/05 (Wed)


夏の国内ツアー”Summer of Love Tour 07" を無事終了させ
息のつく暇もなく北京へ飛び立った我々は定刻に北京首都
国際空港に到着。入国審査を済ませ機材満載のカート
と一緒に入関ゲートへ。ところが同行のRIZEの機材と共に
税関前でストップをかけられてしまう。
こういう場合の為に用意してあった中国文化庁からの招聘書、
機材リスト、中国で演奏する為の入国VISAを見せたが
効力を発揮しない。えっ!行く前に色々書類用意してきたのに
効かないの?中国側主催のフェスティバルに呼ばれ来たのに!
主催者側の中国人通訳も入り説明しても税関側は
受けつけない。え〜? 結局、担当官がいないから明日の朝、
申請しろみたいな?たまたま運が悪いのか?
仕方なく個人荷物だけを受取って交渉を続けるスタッフ数名
を 残して渋々ターミナルを出た。可哀想な事にテツの荷物は
機材扱いの衣装ケースの中で彼はそのまま次の日まで過ごす
ことになった。(以前、パキスタンで二日間、荷物を出せず
にひとりで過ごした嫌〜な想い出が甦ってきた!
実際、機材が出たのは次の日の夕方でした。)
空港から大型バスでホテルへ!少しの休憩後、遅い夕食を
取りに東直門近くの鬼街という夜が更けても賑わってる
レストラン街にRIZEチームと一緒に行く。遅れて空港から
戻って来たスタッフ、現地日本人スタッフを交えて北京での
初日の夜は人気の北京ダックと超不人気おすすめピリ辛
ザリガニ料理をメインにやっとリラックスした雰囲気の中
過ぎ去っていった。

9/06 (Thu)

前日の疲れと二日酔いの為、昼に起きる。
昨夜、こってりした中華料理を食べたので軽い食事を
とホテルの周りを歩く!香港・マカオセンターという所の
レストランでコーヒーとクラブハウスサンドイッチでランチを
済ませその後しばらく散歩。周辺は大使館、ビジネス
街地区らしく高層ビルが多くて、しかも道幅も広い。地図上では
ホテルとBPF会場が近いので移動が楽だなと思ったら
渋滞も含め約30分と聞いて!なんとなくこの街(国)の
広さを実感しました。
ロビーに戻ったら偶然にも同じホテル入りしたMiyaviと
彼のスタッフに会う。久しぶり〜!機材がまだないんだよ!
などの話をし、再会の約束して我々はBPF記者会見会場
Chaoyang Parkへ。朝から空港の税関で待たされていた
スタッフも会場に到着して「機材をやっと出せた」と
聞いて一安心。ご苦労さんでした。
記者会見後、今日はゆっくりしようと思っていたら!
爆弾情報が。明日予定のメインステージのサウンドチェック
をこれからやると。(それはメンバーはまだいいけど
スタッフが辛いでしょう。)変更は不可能と言い続けるが!!!
結局、こちらの要望は通らずRa:INが今夜最後の順番で
サウンドチェックをやることになってしまった。

bejin-pop-fes-01

しかも22:00以降でフロントPAスピーカー・システムは
出せない状態。なのでフロント中国人PAエンジニアと当日の
打合わせだけをし、ステージ上のモニターバランスを中心に
サウンドチェックを進めるがなかなかスムーズには行かず
終わったのは深夜過ぎだった。

bejin-pop-fes-02

テンションが上がったままホテルに戻ったけど気持ちの整理が
つかずにメンバー全員でBarへLet's go!
そのBarにはNew York Dollsのメンバーがいて!
一緒に飲むことになった。
DollsのBassist サム・ヤッファ(HANOI ROCKS)とはすでに
BPF会場で挨拶し共通のNYの知合いの話題などで盛上がった。
彼はBarから部屋に戻っていたがNew York Dollsのメンバーは
本当にいい連中で!この日は深く飲み続けて最後に救われた。

bejin-pop-fes-03
"New York Dolls" Sylvain Sylvain とTetsu

P.S. 朝方、 夢でパンダを観たよ〜な?観てないよ〜な?

9/07 (Fri)

bejin-pop-fes-04

bejin-pop-fes-05

昨夜、リハをやったので今日はオフに!しかし疲れは取れず
二日酔いも酷い!昨日、万里の長城に行こうと話してたが
そんなの全然無理で。取合えず、近場の市内観光で午後遅く
から行くことにしてもらう。熱いシャワーを浴びてなんとか
ロビーに行くと皆待ってる状態。元気だな〜!さすがに
テツは参加せず(ショッピングに夕方行ったらしい)
まず北京の古い街並を残してる胡同(フートン)へ!路地を
歩く。路地裏には緩やかな時間が流れ街の喧騒から離れる。
しばらく歩くと地理的感覚を失い元に戻ろうとしたが?
知らずにメインストリートにでる。違うポイントから車を
降りたらしい。その辺りは観光客で溢れていた。
しかし暑いな〜!日本より涼しいと聞いていたのに。
ビールを飲みたくなり店に入ったけどクーラーが全然効いて
いない。車に向かう途中の湖畔(人工湖)には洒落たBarが
密集していてさっきの店よりこっちで飲めば良かったなと
後悔しながら戻る。胡同を後に次は景山公園へ。
ここは緑が多くとても気持ちがいい。その先に頂上へ登る
コース。急坂を息を切らせて登切ると万春亭という建物に
着く。そこは360度のパノラマで故宮の全景が眼下に見えて
北京の街並の巨大さを十分堪能できた!
登った甲斐があった。

bejin-pop-fes-06

bejin-pop-fes-07

黄昏時の公園を歩くPATAもDIEちゃんも楽しそう!
観光を済ませホテルへ戻りテツと合流してマイクロバスで
Miyaviのライヴへ向かった。
Miyaviの会場Star Live星光現場 はきらびやかな
イルミネーションでその周りを封鎖するように多数の公安の
パトカーランプが光ってる。ライヴはすでに始まってる時間帯
なのに外にはファンで溢れてる。中止!!
我々の乗ってるマイクロバスは停止しない様に公安に指示され
その場をゆっくり通り過ぎた。いゃ〜毎日いろいろあるね。
結局、Miyaviと会えずそのままRIZEのライヴ会場
鼓楼東大街のMAOへ!
RIZEはスタート時間が遅れたけど無事にライヴができた。
ジェシー達も最高のパフォーマンスが出来てやっと安心できた
だろうね。(何日か前にCHARと一緒にプレイしてた自分が
ジェシー達と一緒に居るのもなんだか不思議だけど!)
終了後、RIZEと今日も一緒に打上げをする。
またまた人気料理北京ダック!
しかしオフなのに熱い長い一日なってしまったよ。
                     from michiaki

9/08 (Sat)

Live at Beijing MAO


bejin-pop-fes-logo
bejin-pop-fes-08

MAO Setlist

M-1. METAL BOX
M-2. Under The Technopolis
M-3. Indicator to the future
M-4. Freakout
M-5. Wish
M-6. Happy!
M-7. Crying!
M-8. KAI (海)
M-9. Puzzle

EN-1. Revival
EN-2. Signal
W.EN. Summer of Love

bejin-pop-fes-08

9/09 (Sun)

Live in Beijing Pop Festival

bejin-pop-fes-09

bejin-pop-fes-10

bejin-pop-fes-11

bejin-pop-fes-12

bejin-pop-fes-13

bejin-pop-fes-14

Beiging Pop Festival Photo Gallery

↑Page Top

prev 1 2 3 3 5 next

Copyright (C)2005-2008 Ra:IN All Rights Reserved.