english2.gif

In The Summer of Europe▶ 1 2 3 4 5 6 7

 

2009/6/20 (Sat)
Slovenia~ Croatia ~Hungary


まだ夜明け前、パスポートコントロールと言われ
起こされる。『国境??』『EUでない?』ガクッ。
昨日の余韻でヘロヘロなのに・・・・
クロアチアへ入国。
そして、数時間後、又、パスポートコントロール。
白々と夜が空けてきた。今度はクロアチアから
ハンガリーに入国。寝る。
※クロアチアは2010年、EU加盟を目指して交渉中。

Budapest



昨日とは打って変わりどんよりとした曇空、
ハンガリー平原を走り、昼前、ドナウの真珠と呼ばれる
首都ブダペストに入る。

 



あいにく小雨が降り出し、セーチェーニ橋を渡り、
王宮近くのドナウ河畔にNightlinerを停めて
ドライバーは休息。我々は両替と昼食に。
※ハンガリーはEU加盟国であるが現行通貨は
フォリントである。





ランチはHard Rock Cafeにそっくりな店で。
そこで昨日のハシャギ過ぎの疲れか?
階段から落ちて背中と左手を強打してしまう。
『うぅ〜』痛みで血の気が引き、Nightlinerに直行。
とりあえず、ベットに入ってしばらく寝る。

眼が覚めると今日のVenue "Blue Hell" に着く。
貧血は治まり痛みも若干、楽になった。
会場にシャワーがある事を聞き、まずはシャワー。
お湯がでた〜。お湯ってありがたいな。
お陰でなんとか復活したよ。しかもケータリングから最高の
もてなしで、ハンガリーの皆様ありがとう。

Live at Blue Hell











2009/6/21 (Sun)
Hungary~ Poland


明け方、ポーランドに入ってからNightlinerが凄い
揺れで起きてしまう。結局、ポーランドでは高速道路網
がまだ整備されてなく一般国道を走ってるからだった。
11時頃、ベットを出て前のシートに行くとPATAが
すでにビールを飲んでいる。
Nightlinerの冷蔵庫にはビールがしこたま入っているし、
ハムやサラミ、チーズやパンなどもあるので快適。

ポーランドの語源は平原という意味らしく牧歌的な
草原が続く。やがて小さな村々が点在し始め、その中に
木造教会が見える。今日は日曜日で教会の周りに人々が
集っている。Nightlinerの窓越しに映るこじんまりした
木造の教会ってのも情緒があってなかなかいい。
歴史の重みは感じるけど。
※前ローマ教皇ヨハネパウロ2世はポーランド出身。



Warszawa

昼にワルシャワに入り、市内で道を間違えたこともあり
予定より2時間以上の遅れで今日の会場Hydrozagadkaへ。



今日のライヴには以前からお世話になっている
F.O.B COOPの増永みつえさんがポーランドでの仕事の
予定を我々のライヴに合わせて来てくれた。
『日本で誘ってもなかなか来てくれないのに(笑)』
『だって素敵じゃないワルシャワで観るほうが』





Live at Hydrozagadka











2009/6/22 (Mon)
Warszawa


さてWarszawaといえば、、、、
今回のツアー、オープニングSEはデヴィッド・ボウイ
の"ワルシャワ"でした。
東西冷戦時代、デヴィッド・ボウイが東ベルリンで
ブライアン・イーノと作ったアルバム"LOW"から・・・・



まさかワルシャワをWarszawaで聞けるなんて夢にも
想わなかったよ。感激。。。

今日は午後からPress ConferenceとSigning Session !
ポーランドのプレスの人からZUBROWKA/ズブロッカを
プレゼントしてもらう。それを飲みながら和やかな
雰囲気の中でポーランドのプレス関係者、ファン達と
交流する。
www.jame-world.com/pl/
articles-51607-spotkanie-z-ra-in-po-
pierwszym-koncercie-w-warszawie.html




終了後、チャイニーズ料理を食べ、Hydrozagadkaの
イゴールの案内で観光へ向う。ローカルプロモーター
"光ツアー”のスタッフ達も一緒に旧市街へ。





※戦火で瓦礫の山と化したはワルシャワは市民たちの
協力によって完璧に復元し、旧市街は世界遺産に登録
されている。



しかし、今日は寒い。テツが震えてるのでバーに入る。
ウォッカ2、3杯飲んだらテツが急に元気になって
『いい雰囲気の所があったから行こうよ』
そこはマーケットプレイスの中心、もろ観光客相手の
オープン・バーで寒さに耐えながら飲む (笑)

※ポーランド通貨はズロチ。EU加盟国であるが
ユーロ導入目標は2012年。







In The Summer of Europe▶ 1 2 3 4 5 6 7

↑Page Top

next 1 2 3 45

Copyright (C)2009 Ra:IN All Rights Reserved.