english2.gif

In The Summer of Europe▶ 1 2 3 4 5 6 7

 

2009/6/26 (Fri)
Poland~ Germany


眼が覚めるとすでにNightlinerはドイツ国内に入っていた。
ドイツは高速道路ネットワーク"アウトバーン"の発祥の地。
あの揺れから開放され良く寝れた。
時間調整もありドライブインで休憩。
いままでより設備が洗練され、規模も大きい。
シャワーも完備してるし、そこで食べたスープ
かなり美味しかった。
そこからベルリン在住の友達に電話をかけて会場で
再会の約束。


Berlin



昼にベルリンの会場 Magnet club に到着。
すると、、、、なんとNightlinerを乗り換える事に
なっていた。聞いてないよ〜??
数分後、新型のNightlinerが来て引越し開始。
一般道路上で大型バス、2台、横づけにして荷物を移すのは
一苦労だ。なにせ自分達の家と化していたから。
ライヴ、やる前にこれだよ。
ドライバーも交代でお別れ。お疲れさまでした。
プロフェッショナルな運転ありがとう。アイネ!



さて、友達の話では『今日のVenue がある地区
プレンツラウアーベルグ "Prenzlauer Berg" は
昔の東ベルリン。最近、西ベルリンから移り住む人が増え、
公園や居心地の良いカフェ、お洒落なブティックなどが
多く人気が出て来たスポット』だそうだ。




Live at Magnet Club















ライヴ終了後、ケルンまでの移動距離がそれ程ないので
ベルトラン仕切りで中打上げをやる事になる。
なんとかここまで来た〜。
明日、早朝のモスクワ移動は恐怖だけど。



ベルリンの中心部ミッテ区のホワイト・トラッシュ
というクラブへNightlinerで行く。
しかし派手だな〜!Nightlinerで呑み行くの。
まぁ見ようによっちゃ...観光バスで来た感じ?(笑)
かなり賑わってる店で。お疲れ〜! Cheers !!!!!



new.whitetrashfastfood.com

2009/6/27 (Sat)
Köln "Cologne"


昨日、呑み過ぎたかな?なかなか起きれずなんとか
ベットから出るとすでにNightlinerは駐車していて
休憩中!ケルン大聖堂の前らしい。
外に出て見てみると!!!!!!なんて巨大なんだ〜。
とてつもなく大きい。世界最大級のゴシック建築。
高さが157m 壮大なドームに圧倒され眼が覚める(笑)



さて、明日のロシア行きは飛行機!なるべく荷物を
減らして行く事にする。
大きなスーツケースはここからパリへ直行。
楽器以外なるべく機内持込みで済ませる様に楽屋で
荷物を分ける。2泊の小旅行程度の荷物にすれば、、、
しかし、日本じゃホントなにもしない奴らが、
みんなでスーツケース開けてよく働きます。
これが海外ツアーの恐ろしさか?(笑)

P.S.
この日のライヴ写真がデータ紛失でありません。
ドイツの皆様送ってちょ。
今後なにかあったらアップします。

By accident, We lost data of the live photos at the day.
Could you please send us the live photos in Köln.


2009/6/27 (Sun)
3:30 am Cologne Bonn Airport


2,3時間の睡眠で無理やり起きる。
Nightlinerの旅もこれで終わり。名残惜しいな。
Nightlinerから降りケルン・ボン空港 (CGN)に。
まだ周りは暗い。チェックインカウンターまで酷い
混雑で最後尾は遥か彼方だ。なんでこんな時間から
こんな混んでるの?という位の人で溢れてる。
やっと最後列に並び、40分程、叙々に前に進むと
違うフライトの列だった。おいおい!ベルトラン頼むよ。
夜が明けてきた。なんとかぎりぎりチェックイン。


CGN~ VKO

ジャーマンウイングスのエアバスで一路モスクワへ。



Moscow



昼前にモスクワ・ヴヌーコヴォ国際空港(VKO)着。
空港を出るとかなり暑い。ロシア・ローカルプロモーター
の出迎えを受けホテルへ向う。



宿泊先はホテルでなく!Rublevkaという所にある
超高級高層アパートメント。
エレベーターは鍵が必要。ロシア・スタッフが
把握出来てなくなかなか部屋まで辿り着かない。
早く一度、休みたい〜。
結局、エレベーターの場所が違った。
ケルン空港の並び間違えと同じミスじゃん。

33階の部屋はとてもゴージャスでモスクワ市を一望
出来るロケーションだ。シャワーを浴びて仮眠体制を
取るが寝れず、PATAと呑みながら出発を待つ。

モスクワの中心部にある会場 B2 Club に着くと
大勢のファン達が出迎えてくれた。
ボディーガードの先導で会場へ。

www.youtube.com/watch?v=xSGam34TzfM&feature=related

先にゲットインしてた我々のスタッフが
『オーダーした機材が揃ってないし、
サウンドエンジニアもまだ来ていない』
『とりあえず待ちましょう』











押しに押してサウンドチェックを済ませ、オープニング
アクトをRa:IN のアトにする事でなんとか解決。

Live at B2 Club























www.jame-world.com/uk/
articles-52591-ra-in-at-b2-club-in-moscow.html


In The Summer of Europe▶ 1 2 3 4 5 6 7

↑Page Top

next 1 2 3 45

Copyright (C)2009 Ra:IN All Rights Reserved.