english2.gif

In The Summer of Europe▶ 1 2 3 4 5 6 7

 

2009/6/29 (Mon)
Moscow~ St. Petersburg


最初は、昨夜、ライヴ後にロシア・スタッフが
用意してくれてたディナーから。



いや〜今日は起きれないっす。やっぱ飛行機移動は
疲れるよ。しかも殆ど昨日は寝てないしさ。
予定より、1時間遅くしてもらい、なんとか出発。。



これからサンクト・ペテルブルグ移動前に撮影と
何本かインタヴュー!
が、、、出発後、時間があるので観光って?(笑)
市内が展望できるモスクワ大学広場前に。



露店お土産屋さん沢山あるね。。(笑)





友達に頼まれていたクレムリンのスノーボールと
自分用に聖ワシーリー寺院のオルゴールを購入。
昨日から我々に就いてるボディーガード”セルゲイ”
に値切ってもらう。
想い出した。、、、、、、大体、ロシアに入国する
のにビザが必要だと気がついたのはロシア土産を
ネットで見てたからじゃん!!!!(爆笑)
誰も気が付かなかったら入国出来なかったじゃん!!
しかもビザが発行されたのはローマ出発前日。。
で、、、なにを欲しかったといえばシャプカという
毛皮の帽子。でも欲しいのないや。




ARMA
Nijniy Suslniy pereulok


お土産屋さんの滞在が長くなり (汗)、かなり遅れて到着。
プロモーターのダニラの要望でロシア・プロモーション用
の写真撮影をする。



フォトスタジオがあるARMA地区はメディアオフィス、
クリエイティブスタジオ、クラブ、レストランなどが
あり、若者を惹きつけているエリアだそうだ。



フォトスタジオは昔の工場を改装して作った現代的で
クールなデザインのスタジオ。



フォトセッションの途中、なぜか『面白いかんじで』と
カメラマンからのリクエストがあった。
ヤバい!と思ったら、、、、
案の定、テツとダイちゃんに火がついてしまった。
二人のポーズにロシア・スタッフも大爆笑!!!

しかし、フライトの時間、大丈夫なのかよ〜?
ロシアのスタッフは気にもかけず、ノリノリの二人と
盛り上がってる。大陸的というか?
時間の概念が違うのか?という状況で
フォトグラファーにこれからサンクトペテルブルグに
向う事を説明。宴も程々に終了。
勿論、インタヴューもキャンセル。
空港に向う。ふぅ〜〜。。




Domodedovo airport

無事、ドモジェドヴォ国際空港(DME) 着。
別滞在先のホテルからひとり空港に直行したスタッフ
大山氏と合流!お〜よくひとりで来たね。
最初はKGBイメージだったけど、とても良くしてくれた
ボディーガードのセルゲイともここでお別れ。




DME〜LED

S7Airlines (シベリア航空)でサンクト・ペテルブルグへ。



約2時間のフライトでサンクト・ペテルブルグ、
プルコヴォ空港 (LED) "Pulkovo airport" 着。


St. Petersburg



一度は行ってみたいと想っていた憧れの地 、、、、
サンクト・ペテルブルグ。
ロマノフ王朝、帝政ロシア時代の首都、ソビエト連邦の
レニングラード、政治・芸術、文学の中心地として
栄えた古都は、とても魅力的な場所だ。
しかし、まさか、Ra:INでこの地に来ようとは?
いや〜不思議なパワーを持ったバンドだな。
ほんと、このバンドに感謝するよ。



この時期、サンクト・ペテルブルグは白夜の季節で、
夜中に薄暗くなるが陽が沈まない。一番、いい時に来た。





暮れない太陽、神秘的で淡いブルーの夜空、
ロマンティックで幻想的な街並み。白夜の中を走り抜け、
ホテルへ向う。



残念なことに明日のライヴが諸事情により、 急遽、キャンセルになってしまった。
我々は是非、やりたかったけど。う〜ん、、、、
楽しみにしていたファンに申し訳ない。
でも、又、来るよ。

という訳で、明日は遂に初の休みだ〜!!!!!
とりあえず、今夜は食べて呑んで呑みまくりますか。



P.S.
帰り際、かなりの額の請求が来ました。(汗)
まぁいいか? 今夜は。。


2009/6/30 (Tue)
St. Petersburg




今日はロシア・プロモーターの企画で市内観光が
予定されている。
しかし、せっかくのオフ日なので参加を辞退して
ひとりホテルでのんびり過ごす事にした。



夕方、お腹も空き、もうこれ以上寝れないって程、
寝たので外へ出る。夕方なのに日差しが強く、
まだ昼間のよう。
ホテルの前がメインストリートのネフスキー大通り。
近くのオープン・カフェに入り、ピザとビールを頼む。
ビール片手に行き交う人々を眺めてボーッとしてるのも
なかなか贅沢な時間だ。
みんなエルミタージュとか行ってるんだろうな。
まぁ、でもここに居るだけで満足だよ。



ネフスキー大通りからフォンタンカ川まで歩く。
川を流れる水面に青空が反射して眩いほど美しい。



散歩途中の本屋で、ロシア・アヴァンギャルド系、
プロパガンダ・アートのポスターセットを見つけた。
ラッキー!ほしいと思っていたモノが簡単に手に入った。
Soviet Poster Of The Cold War
Moscow-Peking Golden Collection 2セット。



englishrussia.com/?p=312

80年代、ニュー・ウェーブやパンクバンドのデザインで
一部、使われた興味ある手法。

今日は遅い夕食をモスクワ駅近くのウズベキスタン料理店で
軽く取り、早目に就寝。

※ロシアでは列車の目的地を駅名につける事が多い。
まぁ合理的というか。サンクト・ペテルブルグには
モスクワ駅以外、ヘルシンキ行きのフィンランド駅もある。




2009/7/01 (Wed)
St. Petersburg ~ Paris


ゆっくり寛いだホテルを後に空港へ。
バスの中でロシアのスタッフからひとりひとりに
心のこもったプレゼントを手渡される。
スパスィーバ!!!

短い滞在だったけど色々ありがとうね。
まぁハチャメチャな仕切りもあり〜の (笑)
そのロシアのスタッフ全員がRa:INのスカル・タオルを
頭に巻いて搭乗口まで見送ってくれた。。

LED〜CPH~〜CDG

スカンジナビア航空 (SAS)でプルコヴォ空港 (LED)を
飛立ちコペンハーゲン経由でパリに向う!
コペンハーゲン空港 (CPH) は巨大なヨーロッパの
ハブ空港のひとつ。しかし、また、トランジットか。

手荷物も増え、紙袋も破れそう、、、になってきたので
空港のショッピングモールで北欧のアウトドアメーカー
"Peak Performance"のバッグを買う。機能的に優れモノ。
www.peakperformance.com

9:00 pm 目的地パリ、シャルル・ドゴール (CDG)
に着いた。なんか?来たというより帰ってきた
みたいな〜!!!!お疲れさん。。。。


2009/7/02 (Thu)
Paris


昼にパタとホテル近くのカフェで"Guitar Battle"を
やるフランス人ギタリストYann Armellino と
顔合わせ & 打合せ。
www.myspace.com/yannarmellino

今回、パリの滞在先はピガールで、周りには楽器店が
多く、2005年にライヴをやったÉlysée Montmartre
も近くにある。懐かしいな。

しかし、今年のパリは暑い〜〜。とくにホテルの部屋
はクーラーがなく耐えきれないよ。

夕方、昨年、通訳などでお世話になった由美ちゃん
と再会!! イタリア料理店で夕食を共に。




In The Summer of Europe▶ 1 2 3 4 5 6 7

↑Page Top

next 1 2 3 45

Copyright (C)2009 Ra:IN All Rights Reserved.